都内に事業所のある中小企業を対象に平成30年から令和2年3月まで東京都と(公財)東京しごと財団が連携して実施した「団体別採用力スパイラルアップ事業」。
約1年という短い期間でしたが、ホテル旅館を対象に経営層に向けたセミナーや月1回のコンサルティングを実施し、生産性の向上や働き方改革の推進を行いました。
独立系のホテル旅館からチェーンホテルまで多種多様な企業を担当させていただき、大小様々な悩みや課題に対し、解決に向け寄り添いながら進めました。

コンサルティングでは特に下記の取り組みについて成果が上がりました。

・企業と求職者のミスマッチを減らす求人票の作成
 ”働き方改革””ワークライフバランス”等、時代のニーズにマッチした、尚且つ自社の理想とする人物像が応募したくなる様な掲載内容・諸条件の見直しにより人材確保に成功!
・長時間労働是正に向け業務効率化に着手
 全従業員を対象に棚卸しを実施。改善アンケートや従業員からの声を元に細かい業務一つ一つまでも見直し、見事!長時間労働が前年比約10%減に!
・多様な人材が活躍できる職場づくり
 宿泊業回の抱える大きな悩みの一つ、人材不足。今いる従業員の定着率向上に加え、外国人、主婦層、シニア層や障害者等幅広い人材の活躍にも期待したいところ。
 誰もが働きやすい多様な働き方が実現できる柔軟な組織づくりに向け、他業界の参考事例も交えつつ自社の制度や仕組みの見直しを実施しました。

(「東京ホテル旅館ニュース」内に同事業の取り組みについて何度か登場しているので、東京都ホテル旅館生活衛生同業組合会員の方は是非バックナンバーをご覧になってみてください。)

集合セミナーでは、『生産性の高いホテルになるための実践的方法』というテーマを複数回実施。
セミナー後すぐに現場で使える様な具体的なノウハウ、企業規模に関わらず取り組める考え方等を解説し、終了後に熱心に質問しに来てくださる参加者様もおり、アンケート結果も非常に満足度の高いものとなりました。
個別コンサルティングと異なり一社一社に向けた内容というよりは業界全体に関する内容にはなりましたが、他社の様子を知る機会が少ない企業や新規参入したばかりの企業にも好評でした。

この様な取り組みを通し、短期間のお付き合いでしたが、嬉しいことに担当企業が好事例として発表(新型コロナウィルスの影響で参加企業全体への配信)、掲載されました。
コンサルティングで共に歩んだ企業担当者様、セミナーにご参加くださった企業担当者様、ありがとうございました。

参加企業は「悩みは1つだけ」ということはなく「あれも課題で、でもこれも解決したくて、けど何から手をつけていいかわからない優先順位が決められない」という状態がほとんどでした。
悩み・課題を一つずつ紐解き、共に決めたゴールに向かって、最短ルートで丁寧なコンサルティングを今後も行って参ります。

少しのきっかけ、ちょっとした見直しで状況は大きく変わります。
漠然とした悩み・不安を抱えている経営者様も是非お気軽にお問い合わせください!

 

【(公財)東京しごと財団】

●財団発行:事例集
担当企業ページ https://www.shigotozaidan.or.jp/koyo-kankyo/saiyo-sodan/spiral.html
約1年に渡りコンサルティングを担当した企業が好事例として取り上げられました。

 

【(公財)東京しごと財団】行政による中小企業向けの支援事業でコンサルティング・セミナーを実施しました

●東京ホテル旅館ニュース(2020年(令和2年)2月15日発行)第690号
東京都ホテル旅館生活衛生同業組合の新理事長に選任された工藤哲夫さんが代表取締役社長を務める「ホテルかずさや」のリニューアルオープンに向け開業準備のお手伝いしました。