ホテル旅館のためのイベント企画の進め方

ホテル旅館コンサルタントの青木康弘です。

しばらく忙しさにかまけてブログを更新しておらずすいません。3ヶ月放置したブログだったにも関わらず、事業計画に関する資料のお問い合わせは度々頂き、執筆の励みにしています。

知りたいことがあればコメント欄にどんどんお寄せください。決してセールスはいたしませんので(笑)、ご安心ください。皆さまの知りたいことが、実は私にとっての未来のヒントになります。

さて、本題に移りまして、今回は集客イベント企画の進め方をテーマにお話ししましょう。ホテル旅館業で個人客を増やす施策として有効なのが、季節ごとの集客イベントの開催です。これから準備するとするとなると、春休み、ゴールデンウィークですよね。皆さまのホテル旅館は準備進んでいますか?

 

イベント企画の上手なホテル旅館は年間の稼働率が安定します

地域のイベント頼みになっていると稼働は安定しません。自力で集客イベントを企画できるようになれば、閑散期でも売上げが安定的に確保できるようになります。本ブログでは、人材や資金に限りのあるホテル旅館でも取り組める、集客イベント企画の進め方を紹介しましょう。

それから留意点ですが、集客イベントというと旅館とかリゾートホテル、シティホテルをイメージしがちですが、今後は宿泊主体型ホテルでも重要なテーマになっていくと思います。というのは、都市部を中心にホテルは作りすぎの状況になりつつあり、今後は差別化できないホテル旅館は淘汰される時代と言われているからです。他のビジネスホテルとは違う一工夫をしてシーズンや平日・土日関係なく集客できるホテルを目指しましょう。

 

はじめに「イベントテーマ(お題)」を決めましょう

全体感をイメージできるテーマを最初に必ず決めましょう。日本国内の季節の行事や地域の行事、エリアのイメージからモチーフを得ると良いでしょう。テーマを決めておかないと、企画会議の場でスタッフから平凡なアイデアや思いつきの意見しか出てこないので注意が必要です。

 

具体的な企画内容を幅出してみましょう

具体的な企画内容を幹部スタッフでリストアップしてみましょう。実現可能性や予算はこの段階では意識する必要はありません。テーマ(お題)に沿った内容であることが大切です。

次のような着眼点で考えるとアイデアが出やすくなります。参考にして見てくださいね。

 

(a)イベントと連動した料理を発案してみましょう

○○フェアと称して、テーマに合わせた料理メニューを発案してみましょう。具体的なメニューは料理長に任せても良いでしょう。協力を得やすくするために企画会議には料理長を必ず参加させておくのがポイントです。食材は消費者が好む定番のもので構いません。例えば、春は野菜、夏は肉、秋は松茸、冬はカニなどが挙げられるでしょう。地域性を考慮して決めると良いでしょう。

 

(b)ラウンジコンサートを開催してみましょう

ラウンジで小規模コンサートを実施してみましょう。アマチュアや低廉な報酬で対応してくれるアーティストで構いません。著名人は報酬が高額で日程も限られることから小さいホテル旅館では採算が合わない可能性が高いです。有名なアーティストを呼ぶことに成功したけど、スタッフ全員に販売ノルマがあったり、仕入業者に販売したりというのは本末転倒ですよね。身の丈にあったアーティストでOKです。

 

(c)ライトアップをしてみましょう

敷地やパブリック、露天風呂をLED照明でライトアップしてみましょう。業者に設置を頼むととても高いので、既製品を購入してスタッフが取り付けて安く済ませてもOKです。

 

(d)館内写真展をしてみましょう

写真撮影を趣味とするお客様がいる場合には、館内写真展を行ってみましょう。お客様が撮影した写真をパネル展示すると良いです。

 

(e)散策ポイントを紹介してみましょう

自館を起点として季節ごとの散策ポイントをイラストマップで紹介してみましょう。SNSに投稿しやすいビューポイントも合わせて紹介すると良いでしょう。

 

(f)イベント地への無料送迎してみましょう

周辺でイベント開催している場合には無料送迎してみましょう。自分のホテル旅館で歩けるところには観光スポットがないという場合であっても、マイクロバスで移動すれば魅力的な場所を紹介できるはず。

 

(g)星空鑑賞をしてみましょう

秋から春先は夜空が澄んでくるので、天体鑑賞を企画化してみるのもおすすめです。田舎だから観光資源がなくて、というお悩みのホテル旅館の方、それは自分たちの観光資源を見落としていませんか?夜空を見上げれば都会の人が感激するような夜景が広がっています。実際に星空鑑賞プランで集客に成功したホテル旅館もあります。試してみてください。

 

最後まで読んでくれてありがとうございます。参考になれば幸いです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

pagetop