応募者がたくさん集まるホテル旅館の求人広告の作り方

ホテルの新オープンが続いている影響で、ホテル旅館の求人広告は巷に溢れているのが実情です。平凡な求人広告を出しても、求職者の目に止まることはなく広告費用が無駄になってしまいます。求人広告の会社に原稿丸投げするのではなく、

求職者の目に止まり思わず応募したくなるような求人広告

を作ることことが欠かせません。

興味を引く求人広告を作るためには、

「採用したい人物像」

を明確にすると良いでしょう。

採用したい人物像はマーケティング手法を活用して作る

具体的には、マーケティングの専門用語であるペルソナマーケティングという手法を使います。

年齢や学歴、居住地、家族構成、性格、見た目

といった一般的な情報だけでなく、

一日の過ごし方、仕事や人生に対する価値観、趣味、住宅環境、家庭環境、友人との付き合い方、生活上の悩み、様々な情報源(メディア)への興味関心

などについて、あたかも実在する人物のようにイメージを固めていくのです。

等身大の人物像をイメージすることによって、求人広告にありがちな「接客の好きな方」や「明るく前向きな方」のような平凡な表現ではなく、求める人物に直接訴えかけるような魅力的な文章を作ることができます。

ホテル旅館が必要とする人材は、将来支配人になりたいとか管理職としてバリバリ働きたいという人物ばかりではなありません。無理のない範囲で社会とのつながりを持っておきたいという人物もいます。そのような人材は、無理のない勤務時間、人間関係のストレスない職場環境を求める傾向にあります。

中にはウェブや会計などについて高度な専門知識や経験を持っている人材もいるでしょう。単調な仕事を好む安定重視の人物もいます。そのような人物は、決まった勤務時間帯、生活が維持できる程度の給与水準、黙々と仕事ができる職場環境を求める傾向にあります。

採用したい人物をペルソナマーケティングにより具体的にイメージすることで、求職者が注目し応募したくなる求人広告を作ることができるでしょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

pagetop