ホテル旅館が高校生・専門学校生の新卒採用に挑戦する方法

高校生・専門学校生の新卒スタッフは、会社のカラーに染めやすく体力もあるため戦力として期待できます。しかしながら、毎年計画的にしっかりと対策しているホテル旅館は意外と少ないのが実情です。

「昔はやっていたけど最近はさっぱり」

「そう言われてみると、やってみる価値はありそうだ」

という反応が多いです。採用担当者が辞めてしまったり、高校や専門学校からの推薦が途絶えたことをきっかけに、いつの間にか辞めてしまったという場合が多いようです。

人材難のいま、採用のコツを理解して再度挑戦してみましょう。

 

高卒生・専門学校生の採用スケジュールや他社動向を調べる

高校新卒の採用活動はハローワークに6月下旬に求人申し込みするところから始まります。大手の工場が立地する地域では、条件の良い求人が多くなる傾向にあるため、採用時の月給や待遇が他業種と比べて劣っていないかチェックしてみましょう。もし、他業種よりも求人票で示した条件が劣っていることがはっきりしていれば、

「就業規則や賃金規程、諸条件を今のうちに見直すこと」

をお勧めします。

 

高校・専門学校向けの求人パンフを作る

職場の魅力を伝える会社案内(求人パンフレット)の作成も今のうちから準備を始めましょう。ホテル旅館の業務内容や求める人材イメージについて、進路指導の先生に理解してもらうために必要なものです。

仕事の魅力や具体的な業務内容(写真付き)、研修制度、先輩社員の声、高校別採用実績(中途含む)

など、先生が好むものをまとめると良いでしょう。

お客さま向け三つ折りパンフレットでは、先生や学生に仕事内容を正確に理解してもらうのは難しいです。面倒でも新しく作りましょう。より具体的な情報を掲載すれば、「入社前とイメージが違った」という理由での退職を避けることにも繋がります。

ホテル旅館の労働環境について、進路指導の先生や保護者が良いイメージを持っていない場合には、学生を積極的に推薦してもらうことは難しいと言えます。学校訪問時には、魅力的な職場になったこと、人材定着策の内容について先生に理解してもらえるよう準備しておきましょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

pagetop